農地・土壌環境工学|岡山大学 大学院 環境生命科学研究科
2017/04/12 (Wed) 10:08
2017お花見
2014/05/02 (Fri) 01:11
4/28-5/1 地球惑星科学連合inパシフィコ横浜
2014/05/02 (Fri) 00:52
4/1/2014 新年度のスタート
2014/03/16 (Sun) 16:57
石垣島サトウキビ畑で人工マクロポア処理&八重山農林高校セミナー
2014/03/10 (Mon) 18:45
3/8 明治大学シンポジウム「放射能汚染地区の復興支援を考える」で講演をしてきました.
2014/03/10 (Mon) 18:29
2/28,3/1 FIRSTシンポジウム「科学技術が拓く2030年」で成果発表
2013/12/26 (Thu) 15:06
12/18 金光学園中学「探求学習」
2013/12/08 (Sun) 23:21
11/22,23,24 沖縄県石垣島サトウキビ畑調査
2013/11/07 (Thu) 15:05
11/4,5,6 米国農学・穀物・土壌科学国際学会
2013/11/07 (Thu) 14:44
10/26,27 土壌物理学会
2013/09/22 (Sun) 23:55
09/11 土壌肥料学会シンポジウム「土壌団粒構造と土壌プロセス」で話題提供をしてきました.
2013/07/18 (Thu) 00:02
高大連携セミナー 岡山県立津山高校 
2013/07/17 (Wed) 23:49
インドネシア・スマトラ島で劣化土壌の修復について調査してきました.
2013/07/17 (Wed) 23:44
6/22に公開講座で土壌環境の修復について講義をしました.
2013/06/18 (Tue) 23:28
夢ナビにミニ講義が公開される.
2014/03/10 (Mon) 18:45

3/8 明治大学シンポジウム「放射能汚染地区の復興支援を考える」で講演をしてきました.

明治大学シンポジウム「放射能汚染地区の復興支援を考える」
(明治大学 震災復興支援・防災研級プロジェクト「早期帰宅実現プロジェクト」)

3月8日に明治大学生田キャンパスにて標記プロジェクトの成果発表を行ってきました.

私は,NEXTプロジェクトの+αの成果として,下方移動促進による土壌表層からの放射性物質の低減を発表してきました.
本プロジェクトの技術を使うと
・土壌表層の放射能は参照区に比べて有意に低下すること
・その放射性物質は人工マクロポア区において鉱物による吸着層に移動していること.
・このとき汚染廃棄土壌が発生しないこと,
・排水中には放射能が検出されないこと
がわかりました.

新しい試みをしていますので,来期は更に実際の作物にこれを応用し,
その効果を観察していきたいと思います.
人は生き甲斐を失うと生きていくことが困難になると改めて感じました.
避難する,除染する以上のものがプラスアルファとして必要であることを感じます.
科学技術によってどれほどの貢献が出来るかわかりませんが出来るだけのことをしていこう.

472.3
Home連絡先・アクセスマップリンク集 Copyright © 農地・土壌環境工学 All right reserved

岡山大学 大学院 環境生命科学研究科
〒700-8530 岡山市北区津島中三丁目1番1号
環境理工学部棟5F
Tel&Fax.086-251-8875