農地・土壌環境工学|岡山大学 大学院 環境生命科学研究科
土壌環境工学とは..?
国立大学法人 岡山大学
岡山大学環境理工学部
環境生命科学研究科
JSPS 独立行政法人日本学術振興会
J-GLOBAL

研究の背景


土壌は陸域最大の炭素貯留源で雨水貯留や環境緩衝などの機能を持ちます.しかし管理の粗放化と気候変動の影響で劣化が進み,有機物が地中に到達せず,表層に溜まる特徴を呈しています.土壌を耕耘して浸透性を上げることが機能回復の常識ですが,土が細粒化すれば,風雨で流亡する危険性と有機物の分解促進に繋がります.

Home連絡先・アクセスマップリンク集 Copyright © 農地・土壌環境工学 All right reserved

岡山大学 大学院 環境生命科学研究科
〒700-8530 岡山市北区津島中 三丁目1番1号
環境理工学部棟5F
Tel&Fax.086-251-8875